今日は激しい雨模様となっております。
 
激しい雨模様と言えば皆さん、ポッキーはお好きですか?
 
てんちょーのブログ。決して訪問される方も多い訳ではありませんが、お客様から「ブログ見てます」と言われるようになりました。
 
そんな一部のコアなお客様の中には、ここまでの展開で既に
 
「あー、またポッキーから強引に本ネタに持ってくな。どうせ骨折ネタかなんかだろ」
 
と思われている方もいるかもしれません。深読みしすぎです。
 
てんちょーは、ポッキー好きです。
 
初めて食べた幼少の時は、チョコレートコーティングの薄さに物足りなく思ったのを覚えています。
 
そのプレッツェルとチョコレートの微妙なバランスの魅力が理解できたのが、少し大人になってから。
 
氷の入ったグラスに刺さった数本のポッキーが2千円もするのに頼んでしまうようになってしまったのが
綺麗なお姉さんが隣でお酒を作ってくれるお店に行けるくらい、さらに大人になってから。
 
発売が1966年(てんちょーが生まれた翌年)からと言うことですので非常に息の長いお菓子なんですね。
 
ちなみにてんちょーは2.3年前の新垣結衣さんのTVCMが好きでした。
 
ネーミングの由来は、細めの棒状の物が折れる時の擬音「ポッキン」をもじったそうです。(ネット調べ)
 
そうかぁポッキンだからポッキーかぁ…ポッキン、ポッキン…(はい!きましたよ!)
 
と言う訳でてんちょーは棒状の肋骨をポッキンと骨折してしまいました。(きたーっ)
 
 
 
 
今日はここから真面目な本題です。
 
先日のツーリングにおいてあろう事か、てんちょーは転倒をしてしまいました。
 
砂の浮いた路面に気づかずフロントブレーキに指を掛けた瞬間、てんちょーはアスファルトに叩きつけられました。
 
これは、イベント主催者であり責任者でもある者としては絶対あってはならない事と思っております。
 
ご参加頂きましたお客様におかれましては大変ご迷惑をお掛けいたしました。深く反省しております。
 
しかもよりによって、今回はみんなで古峰神社で交通安全のご祈祷を受けよう!というツーリング。
 
オートバイという乗り物をいつまでもいつまでも楽しんで乗れるようにと今一度、二輪車のリスクについて考えてみよう、というテーマで行ったツーリングでした。
 
朝のミーティングの時にテーマに即したてんちょーの想いを皆様に聞いて頂いた数時間後にてんちょーは転倒しました。
 
とても恥ずかしい事でした。
 
人間のおごりや、過信、無謀な行為や、注意力の散漫等は神様も救いようが無いのだと思い知らされました。
 
そんなわけで、てんちょーのハートには今日の天気のごとく土砂降りの雨が降っています。
 
 
 
 
 
咳すると痛いです。笑うと特に痛いです。こんな事書くと常連のお客様は総力上げて、てんちょーをわらかそうとするのは火を見るより明らかです。
 
こわいです。
 
被り物とかして来店するのだけは許してください。絶対にすべらない話とかしないで下さい。
頼んでもいないのに勝手に整わないで下さい。     おねがいします…
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
祈祷を受けて頂いたお客様お一人お一人に配られたお札と箸。
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ポッキーと日産HPにて今のてんちょーには見ることが出来ないほどの爆笑動画が公開されている低燃費少女ハイジ。
 
 
追伸 ツーリングから帰ってきた翌日のニュースで富沢選手の訃報に接し愕然としました。
    新設されたMoto2クラスでいきなりの優勝は同じ日本人として誇らしく思いました。
    とても残念な思いで一杯です。
    心よりご冥福をお祈り申し上げます。
 
 
 
 
 
 
 
 

今回のスタッフ紹介は、前回ご紹介のKさんの双子のお兄さんでもあるKさん。
 
不思議な事にこの両名、苗字が全く一緒な上に名前まで一字違い。ミラクルである。
 
それだけではない。さらに驚く事に生年月日まで一緒と言う事実。ここまでくればもはやトワイライトゾーンだ。
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
しかも両名とも特技は卓球。
 
とある一泊ツーリングでのこと、自ら卓球が得意とのたもうた兄弟は、愚かなことに稲中卓球部出身のてんちょーの経歴など知る由も無く勝負を挑んできた。温泉宿の卓球場。世紀の勝負の舞台にふさわしいステージ。
 
彼らは確かプロ並みにうまかった。だが何よりてんちょーを翻弄したのは、そのうりふたつの容姿の2人が右へ左へ、さらには上へ、下へとポジションを入れ替え打ち返してくる返球がどちらが打ち返してきたのが分からず球筋が全く読めないのだ。
 
仕舞いには前後に重なり立って互いに両手を伸ばして打ち返してくる様は、まさに千手観音と卓球試合をしているのかと錯覚するほどであった。
 
惨敗だった。
 
圧勝した彼らは平伏すてんちょーの前でチューチュートレインのごとくループダンスをしながら高らかに笑い
てんちょーに最後の留めをさした。
 
そんなKさん(兄)通称「あにじゃ」もまた受付から、車検、ピット作業まで一通りこなす優秀なスタッフとなった。
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
愛車はCBR600Fとリード110。
 
明日のツーリングにはコイツが出動する。
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ちなみに、てんちょーの稲中出身はウソつきました。本当は植中出身です。

まぁいにちぃ、まぁいにちぃ僕らは灼熱のぉ~、下で焼かれていやになっちゃうよぉ~
 
9月になったと言うのに猛暑日が続く中、皆様たいやきは好きですか。
 
てんちょーは嫌いではないのですが、大酒飲みのせいか甘い物は自ら好んでは食べません。
 
およげ!たいやきくんが大ブレイクしたのが1975年のこと。
 
てんちょーもレースなどと言う悪い遊びを覚える前のあどけなく可愛らしい10歳の時。
 
オリコン史上初のシングルチャート初登場1位。その後11週連続1位となり、現在までにオリコン調べで450万枚以上のレコード・CDを売上げ、日本におけるシングル盤の売上記録としては、未だに破られておらず
ギネスブックにもその記録が刻まれているらしい。(ネット調べ)
 
すなわちたいやきくんは35年にわたり誰にも破られることの無い大記録をマークしたレコードホルダーなのだ。
 
何のレコードも持っていないてんちょーにとってはうらやましい限りである。
 
先日CBR1000RRにお乗りのOさんより差し入れて頂いたたいやきは、てんちょーのたいやき感を根底から打ち破る物だった。
 
そのモチモチした食感。しかもそのおいしさに思わずてんちょーは2つも頂きました。ただ、問題はそのふざけたカラーリング。
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
たいやきといえば小麦粉を焼いて茶色くなってる物じゃろがい!
 
こんなチャライ連中に俺は負けているのかっ!くやしい!ちくしょう!たいやきめ、タイヤキめ!タイヤ…
 
 
と言う訳で昨日タイヤメーカー主催のレーシングスクールに参加してきました。
 
ブリヂストン主催で、新しく発売されたBT003PROでタイムアップを図りレースに勝つ事に的を絞ったレーシングスクール。
 
タイヤの開発者からのコンセプトの説明やどんな使い方をすればタイヤの真価を発揮するのかの説明。
 
実走行でのインストラクターも豪華な顔ぶれ。一緒に走りながら走行後アドバイスを受けます。
 
なかなかこんな機会は無く、とても貴重で充実した一日となりました。
 
特にてんちょーのグループ(鉄フレームのテイスト系レーサーが中心)を担当して頂いたのがCB最速ライダーの戸田選手。3本の走行時間の中で幾度と無く前を走ってもらい、走行ラインを教えて頂きました。
 
更に走行後には、タイヤの効果的な使い方から、ライディング指南、サスセット等いろいろと教えて頂きました。
 
先月の那須でのインプレッショに引き続きまたまたお世話になった戸田選手に感謝です。
 
また、こういった機会を与えてくれたブリヂストンにも大感謝です。
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ちなみに白いタイヤキの中身はカスタードクリームでした。
 
 
 
 

↑このページのトップヘ