2010年10月

てんちょーのレース魂を奮い立たせるMarinaチャンが今回応援に来れないのは先述の通り。
 
そこで!
 
このブログをご覧の皆様の中で、11月7日テイスト・オブ・ツクバを観戦にご来場の方でさらに
 
「しょーがねーから心折れてるてんちょーを応援してやるよ。」
 
という奇特な方へ、心ばかりのお礼をご用意させて頂きました。
 
 
その内容はこちら。
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
写真右から、家内安全・交通安全・無病息災・商売繁盛のご利益に加え
 
愛車にこれを貼るだけで馬力向上、燃費向上、トルクアップ、
 
サーキットにおいてはベストラップが1秒は縮まるとの噂もささやかれる
 
オートショップアオヤマステッカー
 
 
 
続いて、うっかりカギを落としてもチャリンとも言わないその存在感が魅力の高級感あふるる仕上がり
 
トップブリッジを傷つける事が無い様心憎い配慮が嬉しい
 
オートショップアオヤマビニール製キーホルダー
 
 
 
そして最後は、今回大会唯一のCB1300レーサーのベースマシンとなったCB1300SBのストラップ。
 
てんちょーの携帯電話にも付けられているそのストラップは
 
CB1300のオーナーであることをさりげなく主張する垂涎のアイテム
 
ホンダ製CB1300SBストラップ
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
これらを3点セットにして先着20名様分ご用意させて頂きました。
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
このアイテムの配布を任されたのがウチのウォーリー。
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ナミキメカ。
 
 
晴れれば5千人ほどの人で賑わう筑波サーキットでナミキメカを探し出しとっ捕まえて頂き一言
 
「ブログ見てやってるぞ。今日はがんばれよ。」と上から目線で声を掛けて頂きますと
 
ナミキメカが腰に下げた謎の小袋からおもむろにお礼のアイテムを取り出し差し上げる仕組みになっちょります。
 
CBオーナー様でなくても大歓迎です。
 
 
 
ちなみにてんちょーは ベスト・ルッキン・オヤジ賞 狙いで眩いばかりに輝いて目立つかもしれませんが、てんちょーはお礼の品は持ち歩いておりませんのであしからず。
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
皆様の応援をお待ちしております。
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テイスト・オブ・ツクバ神楽月の陣まであと7
2010耐久茶屋「筑波耐久ロードレース」まであと28

テイスト・オブ・ツクバまであと9日となりました。
 
予定していた21日と昨日の28日のせっちんぐ&練習走行は二日とも連続で雨となり、思うように捗りません。
 
毎週木曜日が定休日の当店としては、筑波に行けるのは木曜日のみ。
 
その木曜日が軒並み雨続き。
 
商売人としては定休日に雨が降る分には営業日に降らなくてヨカッタ、ヨカッタ。となるのですが、
 
ライダーとしては非常にがっくしです。
 
来週の木曜日11月4日も予約を取ってありますが、ここで雨なら新しい仕様のCB1300はぶっつけ本番レースとなりそうです。
 
まあ天気には勝てずこれも全て受け入れてレースを楽しもうと思います。
 
本日、筑波サーキットよりテイスト・オブ・ツクバに設けられる各賞が発表されました。
 

ビリー・ザ・キッド賞
 各クラス最下位の選手に送られます。
テイスト・オブ・マシン賞
 レース参加者の車両から選出されます。
イエローコーン賞
 各クラス1位の選手に対して㈱イエローコーン様より賞品が贈られます。
ウイナーズTシャツ
 暫定表彰式第1位の選手に対し(有)セクレテール様よりウイナーズTシャツが贈られます。
トップ・オブ・ドッグス
 2輪で来場されたお客様のマシンから選出されます。ノミネートからトップまで様々なアイテムが贈呈されます。
ベスト・ルッキン・オヤジ賞
 輝いている素敵な選手(男性)が選ばれます。
ベストヴィーナス賞
 パドックで輝いていた女性に送られます。
レディース&キッズ賞
 表彰式に最後までお付き合いいただいた女性と子供に送られます。
遠距離賞
 遠方からご参加くださった選手が選ばれます。
F/1 GP賞
釣り大会でビッグなフィッシュを釣り上げた方、1~3位までにグッドなプレゼントが送られます。

 
 
ビリー・ザ・キッド賞…これは欲しくない!
 
テイスト・オブ・マシン賞…皆個性的で魅力的なマシンばかりで自信ないしなぁ
 
イエローコーン賞&ウイナーズTシャツ…これもまだ自信ないなぁ
 
トップ・オブ・ドッグス&遠距離賞…軽トラックで埼玉から行くしなぁ
 
F1GP賞…当日レースしに行って釣りしてる暇ないしなぁ
 
ベストヴィーナス&レディース&キッズ賞…ヴィーナスでもなければレディースでもないし。
 
心はキッズだけど見た目はオヤジだし……  ん?
 
 
 
おやじ・・・
 
 
 
 
これだぁっー!ベスト・ルッキン・オヤジ賞」
 
 
輝いている素敵な選手(男性)に送られるそうだ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ピカッ
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
もういっちょっ!ぴかっ
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こんな日が来ようかと誰よりもまぶしく輝けるように日々訓練を重ねていた甲斐がありました。
 
 
11月7日はコース外で誰よりもまぶしく輝いてマジで取りに行きます。
 
 
ベスト・ルッキン・オヤジ賞!!
 
テイスト・オブ・ツクバ神楽月の陣まであと9
2010耐久茶屋「筑波耐久ロードレース」まであと30日

久しぶりの今回のレーススタッフ紹介はレースクイーンのMarinaチャン。
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
決してアクセスUPを狙ってのことではございません。
 
Marinaチャンは、親しくお付き合いさせて頂いている方からのご紹介がご縁でウチのレースクイーンを務めてもらうことに。
 
 
過去にGT選手権で一度レースクイーンの仕事をしたことがあるらしいが、本人曰く限りなくシロートと言っていた。その割には初めてのオートバイレース、初めての筑波でしっかり仕事をやってのけたのは流石。
 
 
その影には先日ご紹介した元シャチョー秘書の経歴を持つジャーマネのトリニティさん(Hさん)の存在がなにより大きくMarinaチャンもHさんに全幅の信頼を寄せていた。
 
 
過去2回のテイスト・オブ・ツクバでレースクイーンを務めていただいたMarinaチャンだが残念なことに11月7日のテイストに来ることはできなくなった。
 
 
前回のレース後の打ち上げである夢をかなえるため次回は、お手伝いが出来ないかもしれないという話を
聞いていたがその夢が現実となり現在日本にはいない。
 
 
彼女の希望が叶うのは喜ばしいことだが、てんちょーのテンションは下がりっぱなしである。
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そんなてんちょーのテンションを上げるために皆さん応援よろしくお願いいたします。
 
 
今回も唯一のCB1300でがんばります。
 
 
当日「応援してます」と声をかけていただいた方先着20名様に御礼のノベルティを考えております。
 
 
詳細はまた後日ご案内させて頂きます。
 
 
 
 
Marinaチャンは日本に帰ってきたらバイクの免許を取りたいそうだ。ウチにとっては大歓迎な話である。
 
 
帰国後、もしかしたらまたウチのテントやグリッドで、更には表彰台に彼女の姿を見かけたら皆様よろしくお願いいたします。
 
 
 
最後にサービスカット。
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
決してアクセスUPを狙ってのことではございません。
 
テイスト・オブ・ツクバ神楽月の陣まであと12
2010耐久茶屋「筑波耐久ロードレース」まであと33日

前回の記者会見の模様の続きをお伝えしよう。
 
「それでは、今回チームの中で最も若いMrKにお伺いいたします。筑波で初めてライドした
 
CB100SBはいかがでしたか。」
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「まず我々は非常に有利な条件でレースに臨むことになる。それはチームオーナー自らが
 
我々のチームライダーだということだ。同じチームながらもう一台のCBR100RRとのマシンポテンシャル
 
の差は歴然だ。何しろレース予算の全てを支配するチームオーナー自らライドするマシンだから
 
当たり前の結果だろう。」
 
「彼らのマシンは10,000rpm位が限界らしいが、我々のマシンはストレスなく12,000rpmまで回る。
 
ストレートスピードも我々の方がはるかに速い。この事実は非常にハッピーなことだ。」
 
 
3回目の走行でクラッシュをしたようですが?」
 
 
「クラッシュする前の周回で僕は自己ベストをマークしたんだ。
 
僕のポテンシャルからすればまだ詰められると思った。更なるアタックを試みたが、
 
フロントタイヤが僕のライディングについてこれずグリップを失いスリップしただけだ。ノープロブレムだ。」
 
 
「エビスに引き続きのクラッシュとなりましたが?」
 
 
「しつこいぞ。ノープロブレムだ。」
 
「レッカー車の乗りごごちはいかがでしたか。」
 
 
「Youはどこのメディアだっ!ノープロブレムだっ!」
 
 
「じゃあ、テンチョーはどうよ。」
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「どうよ?…なんだ藪からスティックに、しかもタメ口でチミは。」
 
 
「感想聞かせろよ。自分が乗るからって相当金掛けてるらしいじゃん。」
 
 
「じゃん?…まあいい。我々のマシンCB100SBについてコメントしよう。」
 
 
「CBじゃなくてエイプだろ、もういいよ飽きてきた。最後にヨーイチコメントをお願いします。」
 
 
 
「へっ?ヨーイチ?ウチにヨーイチなんて選手いたっけ?まさかあの陽一?
 
 
 
2000年・2001年WGP125ccでランキング2位のあの陽一?
 
 
 
宇井陽一選手がウチで走ってくれるの?聞いてないけど?」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「戦場ではぁ        まだ小さな子供たちがぁ      小銃を持ってぇ     」
 
 
「渡部 陽一 かーい!!」
 
 
「もういいです。質問を終わります。」
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「なんだっ!チミはっ!ボクがまだしゃべってないじゃないか!
 
しかも戦場カメラマンはウチでは走らんぞ!」
 
テイスト・オブ・ツクバ神楽月の陣まであと14
2010耐久茶屋「筑波耐久ロードレース」まであと35日

10月21日筑波サーキットにおいてミニバイク耐久レースに向けての合同テストが行われた。
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テスト終了後の記者会見の様子ををご紹介しよう。
 
 
「まずはMrSuにお伺いします。始めて筑波でライドするCBR100RRのインプレッションをお聞かせ下さい。」
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「前回のエビスでのテストの時に私はシートに不具合を感じたんだ。今回は自分でシートスポンジを買ってきて
 
張り替えた。この事はすごくグッドな結果を生んだ。しかもたったの500円だ。エキサイティングだ。
 
たった500円で見違えるようにマシンが生まれ変わるなんて素晴らしいと思わないかい。」
 
 
「それでマシンのインプレッションは?」
 
 
「今日は朝からレインコンディションで、レインスーツを持っていない私は非常にがっかりしたんだ。
 
途中で買ってきたビニール製のレインスーツを着た。するとどうだ、この事はすごくグッドな結果を生んだ。
 
しかもたったの500円だ。とてもエキサイティングだ。
 
たった500円で見違えるように気持ちよくライディング出来るなんて素晴らしいと思わないかい。」
 
 
「人の話を聞いてますか?それでは代わってMrSiにお伺いします。始めて筑波でライドするCBR100RRのインプレッションをお聞かせ下さい。」
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「まずはじめに、今日の重要なテストに遅刻をしてしまったことを謝りたい。外環の渋滞にはまってしまったんだ。
 
日本の道路はどうしてこんなに渋滞ばかりしているんだと思ってバッドな気持ちになったよ。
 
しかしチームの皆には缶コーヒーを買ってきたらあっさり許してもらったよ。チームメイトとはうまくやってる。
 
皆いいやつらさ。」
 
 
「で、インプレッションは?」
 
 
「それと今日サプライズな事があったんだ。どうも脊髄パットを装着するとレーシングスーツがきつくて
 
ずっと悩んでいたんだ。そしたらチームメイトがレーシングスーツにはじめから入っている脊椎パットは
 
外したかいと聞くんだ。驚いたね。最初から脊椎パットが入っているなんて僕は知らなかったんだ。
 
ためしに外してみたらすごく動きやすくなって見違えるように気持ちよくライディング出来るようになったんだ。
 
こんなアドバイスをくれるチームメイトとはうまくやってる。皆いいやつらさ。」
 
 
「皆さんは何かマシンについて語りたくない理由があるのですか?」
 
 
「Youは何を言っているんだい。そんなことはないよ。非常にグッドなマシンについてはボクが語ろう。」
 
 
「それではCBR100RRで本日のベストラップをマークしたMrナミキ、お聞かせ下さい。」
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「我々は今回のテストにおいて重大な選択をしなくてはならなかった。
 
テスト後にドライバーズサロンで昼食を取ることになったんだ。
 
何せ我々は朝から食事も摂らずにテストをこなしていたんだからね。
 
そしたらどうだいボクの好きなカツカレーがソウルドアウトだっていうんだ。
 
他のメニューから選んでくれっていうんだ。」
 
 
「施設サイドにはチームオーナーから正式にクレームを申し入れたが、聞き入れてもらえず仕方がなく
 
モツ煮込み定食をオーダーしたんだ。そしたらこのモツ煮込み定食がベリーベリーグッドテイストだったんだ。
 
施設のスタッフも皆一生懸命やっている。クレームを入れたことにはこの場を借りて陳謝したい。」
 
 
「どーでもいーだろっ!そんなこたぁーっ!インプレッションだよ!
 
感想だよ!感想!なんかねーのかぁ!オイっ!」
 
 
「やだなぁ、冗談だよ冗談。Youはどこのメディアだい。そんなに興奮しちゃいけないよ。しょうがないなぁ。
 
感想はウエットコースでドライタイヤでの走行は怖かったー。ボクなんかターン2でクラッシュしちゃった。ハハ。
 
つるっと滑っちゃった。つるっと。へへ。チームメイトにメンゴ、メンゴって謝ったら皆、
 
実はオレも何度もタイヤすべちゃって何度も転びそーになったよーなんて言うもんだからさ
 
皆で大笑いしちゃったハハハハ・・・・・・
 
マシンもチョット壊しちゃったからチームオーナーには内緒でコソーっと直しちゃった。
 
オイオイこのコメントは使わないでくれよー。オーナーにばれたらオレ、クビになっちゃうからさぁーカットカットで。
 
よろしく頼むよー。」
 
 
「もう結構です。CB100SBのてんちょー&MrKに代わってください。」
 
次回てんちょーとMrKの会見に続く…
 
テイスト・オブ・ツクバ神楽月の陣まであと16
2010耐久茶屋「筑波耐久ロードレース」まであと37日

↑このページのトップヘ