2012年07月

今回は上尾市在住のMeさんのCB1300SBです。
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
当店にてフルパワー加工のご依頼を頂いたのがお付き合いの始まりでした。
 
 
今回はセパレートハンドルへ変更したいと言うご相談を頂きました。
 
 
使用するのは、ヤマモトレーシングさんのSPEC-Aセパレートハンドル。
 
 
既にリリースしていたレース用の物と違いSFにもSBにもボルトオンで取り付けられるよう設計されております。
 
 
スロットルケーブルからブレーキホース、クラッチホースも純正のまま取り付けることができます。
 
 
ハンドルストッパーも付属しておりSBのカウルにもタンクにも干渉しないように緻密に設計されております。
 
 
クランプはアルミの削り出し。ハンドルパイプはスチール製で純正のインナーウエイト、バーウエイトがそのまま使用できるようにしてあります。
 
 
スイッチ用の穴開け加工もしてあります.年式によって開けなおす可能性もあるかもしれませんがまさにボルトオンセパハンです。
 
 
 
 
 
 
 
 
が!
 
 
 
 
 
今回のMeさんのご依頼は更にブレンボ製ブレーキマスターの交換&クラッチを軽くしたいと言う事で一応ブレンボのクラッチマスターへの交換。
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
一応としたのは、クラッチの切れ不良が出るケースがあり、クラッチレバー二本掛け(人差し指と中指)のMeさんですと操作性が悪くなる可能性があるので、一旦組んでみて試乗して頂きMeさんのライディングで切れ不良がひどいようならマスターは純正に戻してTSRさんのクラッチスレーヴシリンダーで軽くすると言う事で進めることにしました。
 
 
 
軽さで言えば
 
 
 
純正>TSR>ブレンボとなりますのでMeさんとしてはできる事ならブレンボ!ハンドル周りの見た目もバランスが取れて良いですしね。
 
 
更に問題はカウルとのクリアランス。
 
 
ヤマモトレーシングさん曰くあくまで純正のマスターで干渉しないように設計しているので、マスターを変更すると干渉する可能性はかなり大とのこと…
 
 
そこで、組んでみてカウルと干渉する場合は、カウルを前に出す追加工または、クランプを追加工して干渉しない位置への変更と言う事でこちらも進めることにしました。
 
 
 
 
 
 
 
部品が揃ったところで組みつけてみるとハンドルの絞り角によっては、干渉は最小限に抑えられました。
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
トップブリッジもダイノック・フィルムで整えました。
 
 
試乗して頂いたところ、クラッチの切れもレバーの位置を細かく調整しクリア!
 
 
ハンドルの絞り角もOK!と言う事で無事引渡しとなりました。
 
 
この度はありがとうございました。
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
また、次のカスタマイズの相談もお待ちいたしております。品名 CB1300SB/SF SPEC-A セパレートハンドル

てんちょー肩の具合はいかがですか?
 
 
お見舞いに来てくれたのはUさん。
 
 
てんちょーに良い物持ってきましたよ。
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
どうやらこれを飲むとあっちゅうまに骨が付くらしいですぜ。
 
 
 
ここだけの話…MotoGPの連中は骨折するとこれ飲んで次の日には骨くっついちゃうそうですよ。
 
 
 
ないしょ…ですよ…
 
 
 
そうか、それでプロライダーはスグにレースに復帰しているのか。
 
 
 
そうか、コイツのお陰だったのか・・・
 
 
 
先日も病院で経過観察の診察を受けた時レントゲン写真を見ている先生に
 
 
 
「どーです先生!驚異的な回復力でもう骨付いちゃってるんじゃないですか」
 
 
 
と尋ねたところ
 
 
 
 
 
「うん、人並みね。まだポッキリよ」
 
 
 
 
とあっさり…
 
 
 
ガックシしていたところにこの魔法のドリンクが差し入れられたのでした。
 
 
 
しかし、5本並んだカラフルな缶を見ていると…おや…
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
やっぱりももいろクローバーZに見えてしまうどーしよーもないてんちょーでした。
 
 
 
ももクロが東日本大震災の復興キャンペーン番組で突然学校を訪問して行ったライブで生徒たちが盛り上がっていく様子にチョビっとウルっとしちまったのはここだけの話にしてください・・・

今回ご紹介するのは山梨県よりお越しいただきました、Taさん。
 
 
 
当店で中古のCB750をご購入いただいてからのお付き合いです。
 
 
 
今回は車検とホイール&アウターチューブ塗装のご依頼をいただきました。
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いつも遠方よりありがとうございます。
 
 
ウチで手がけている部分もございますが、ご自身で進められているカスタマイズもあり、フロントフェンダーの形状もご自身でカットし理想の形にする等CBへの愛着を感じます。
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今回は新たに外装の塗装が施されておりました。Miさんのご要望をかなえてくれるペインターさんをネット等を駆使し探し出されたそうです。
 
 
デザインは、マイナー後のモデルでも施されたものと同じですが、やはりプロのペインターさんが手がけると純正とは格段にクオリティーが違います。
 
 
シートカウルの継ぎ目もスムージングされており素晴らしい出来栄えでした。
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
もはやマイナー前の古さは微塵も感じられないCB750に仕上がっておりました。
 
 
お引取り時はあいにくの雨で、モトパチメカの車検完成後の愛情込もった洗車も無駄になってしまいましたが、
後日Taさんよりあらためて綺麗に磨かれ、リムストライプが加わった写真が送られてきました。
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
また、ツーリングにもご参加下さい。ありがとうございました。

3Mのダイノック・フィルムと言う物を初めて使ってみた。
 
 
セパハン化&ブレーキマスター、キャリパー交換のご依頼を頂いておりますMe様のCB1300のトップブリッジです。
 
 
セパハン化にあたり、ホルダー用の穴の開いたトップブリッジはどうにも見た目にも思わしくなく、お客様と相談した上カーボン調フィルムを貼る事になりました。
 
 
 
そこで選んだのが、3Mのダイノック・フィルムです。
 
 
 
ダイノック・フィルム自体はカッティングシートよりは厚みがあり、表面はカーボン目をリアルに再現しておりザラザラしております。
 
 
ドライヤーで温めると簡単に伸びて3次元曲面にも貼り付けが可能なのがウリらしいのですが、
やや厚みがあるのでホンマかいなとちょっと不安でしたが、コヤツがなかなか使えるヤツでした。
 
 
トップブリッジのステムナットで止めるクレーターのように窪んでいる箇所もドライヤーでちょっと温めただけで綺麗に馴染んでくれました。
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
おーっ、すごい!
 
 
しかし、殆どが平面箇所への貼り付けで皆さんにコイツのスゴさが伝わらないのではと思ったてんちょー、
 
 
 
皆さんの身の回りに何処にでもある複雑な形をしたものに貼ってスゴさをアピールせねばならないと、
 
 
 
デスクの上を見回してみると・・・
 
 
 
ありました!!うってつけの物が!!
 
 
 
そんな訳で
 
 
 
Novak'sサイトをカーボン化してみました。
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いかがでしょうか結構複雑な小物でも対応できちゃうぜ!ってことが伝わったでしょうか?
 
 
 
 
コイツなら、きっと皆様のご家庭に一つや二つ転がっている
Novak'sサイトBO-MAR サイトもカーボン柄になるっちゅうもんですよ。
 
 
 
是非皆様の愛車や愛銃のカスタマイズにお役立てくだチャイ…

抜糸の日のこと
 
 
「しぇんしぇー!見てくだせー!
先生にプレート入れていただいたお陰でこんなに動くよーになりやした!!」
 
 
 
ブルン!!ブルン!!
 
 
 
 
 
 
「ゴラァァァァァ!!!
動かすなぁぁぁぁ!!!」
 
 
 
 
 
 
へ・・・?
 
 
 
 
 
「オメェの目はふしあなか!!
このレントゲンよーく見やがれぃ!!」
 
 
 
 
 
は・・・ハイ・・・
 
 
 
 
 
「プレートで止めてるだけで、オメェの
鎖骨は真っ二つのままじゃい!!」
 
 
 
 
 
た、たしかに・・・
 
 
 
 
 
「肘を肩から上に挙げるの禁止!!」
 
 
 
 
 
ひゃい・・・
 
 
 
 
 
「運動&スポーツ禁止!!」
 
 
 
 
 
はい・・・
 
 
 
 
 
「マンセー禁止!!」
 
 
 
 
 
万歳の事ですか・・・
 
 
 
 
「ましてや、ぶあいくも禁止じゃぁぁ・・・
ボケィ!!」
 
 
 
 
そ・そんな・・・
 
8月から練習再開したいなぁなんて思っちゃたりして・・・
 
 
 
 
 
 
「許すわけねーだろ!!
オメェは職業ライダーか!!!!」
 
 
 
 
 
「ふんっ!!
この3流ライダーがっ!!ぺっぺっ!!」
 
 
 
 
 
 
は・・・はい・・・やめときます・・・
 
 
 
 
 
 
 
鎖骨はプレートで繋げて頂きましたが、代わりに心をポッキリ折られてお店に戻ってみると
 
 
 
ホンダからの納期回答が8月下旬だったご契約済みのPCX150が2台緊急入荷しておりました。
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
うーむ・・・
 
 
 
ここはおとなしく仕事に専念して納車整備でもと思いましたが
 
 
 
チョーシにのって激しく叱られたてんちょー、果たして工具を持って力を入れてもよい物か?
 
 
 
今度先生に聞いてみます。
 
 
 
「ドライバー持ってもよいでつか?」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「ゴルフも禁止じゃ!!! 
ボケィ!!!!!!!」
 
 
 
 
 
ってなるんでしょう。
 
 
 
 
きっと・・・
 
 
 
PS:主治医(女医さん)のキャラ設定は激しいまでにフィクションです。
本当はとても綺麗な女医さんで次の診察が待ち遠しいほどでごじゃいます。

↑このページのトップヘ