2013年07月

いやぁ~、今日もアチかったなぁ~
 
 
やっぱり夏は、ビール(発泡酒)に限るなぁ~
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
このアルミの黒いグラスに注いでっと…
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
うわあぁぁぁぁぁぁぁ!!
底が抜けてるぅ~!!
 
 
 
 
 
 
そっか!そりゃそうだコイツはヤマモトレーシングさんのインジェクションボディー用のファンネルだった…
 
 
そんなこんなで、閉店した後も(だから飲んじゃうんですけどねビール(発泡酒))インジェクションボディに合うエアフィルター選定中でございます。
 
 
街乗りのお客様向けにエアフィルター仕様も必要かと寸法表とにらめっこしながら探しております。
 
 
取りつけ可能なフィルターが見つかったら、またマップ作ってテストしま~す!

今回は5月26日の伊豆ツーリング7月21日の奥会津ツーリングの2回分を同時にお送りします。
 
 
 
事故により東名高速道路が封鎖されるという前代未聞の難関を潜り抜け皆様海老名SAに集合
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
途中で免許証、カード、現金の全てを道路上にぶちまけてしまった前代未聞の事件が発生したお客様以外皆様高坂SAに集合
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いつも通りてんちょーより「注意一秒ケガ一生!」やら、「お土産は無事故でいいのお父さん!」等、心にしみる格言を頂きミーティング終了
 
イメージ 13
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 18
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いつも通りてんちょーより「あせりは禁物 あさりは海産物!」やら、「運転は命がけより心がけ!」等、心にしみる格言を頂きミーティング終了
 
イメージ 19
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 20
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
東名から小田厚をコーン!と走り海沿いの国道135へ
 
 
そのまま関越をひたすらコーン!と走り新潟の小出ICから国道252へ
 
 
国道135を太平洋を眺めながらコーン!と走り、昼食場所の「海女の小屋海上亭」さんへ
 
イメージ 21
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
山々に囲まれた国道252の次々と現れるコーナーをコーン!と走り抜けながら昼食場所「歳時記念館」さんへ
 
イメージ 22
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ここで皆で伊豆の海の幸を頂きました。
 
 
ここで皆で福島地鶏を使った十割そばやうどんを頂きました。
 
 
 
お腹も一杯になり
 
お腹も一杯になり
 
 
 
そこから、伊豆スカイライン~芦ノ湖スカイライン~箱根スカイラインを経て御殿場ICへ
 
 
そこから、国道289~国道121~国道400を経て西那須野塩原ICへ
 
 
途中1台立ちゴケしてしまうも大した事無く最後の解散場所海老名SAへ
 
 
途中1台ガス欠してしまうも大した事無く最後の解散場所佐野SAへ
 
 
ここでてんちょーより次回のツーリングは7月に奥会津でーす!と案内の後、
 
恒例となったモトパチメカからの締めの挨拶がビシッと決まります。
 
イメージ 15
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「ツーリングは家に帰るまでがツーリングです。家に帰るまでは、気を緩めないように!!」ビシッ
 
 
 
ここでてんちょーより次回のツーリングは9月に鳴子温泉一泊ツーリングでーす!と案内の後、
 
恒例となったモトパチメカからの締めの挨拶がキラッと決まります。
 
イメージ 16
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「ツーリングは家に着くまでがツーリングです。家に着くまでは、気を緩めないように!!」キランッ
 
 
 
 
 
ちなみに前々回の締めのお言葉はこうでした。
 
イメージ 17
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「ツーリングは家に到着するまでがツーリングです。家に到着するまでは、気を緩めないように!!」チャキッ
 
 
 
 
 
 
 
もう聞き飽きました…
 
 
 
 
イメージ 23
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 24
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
次回はあなたのご参加もお待ちいたしております!
 
イメージ 12
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
是非!!
 
イメージ 14
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Hさぁ~ん、HさんのCB1300のシートカウルを旧型のシートカウルにしてみたいなんて思った事無いですかぁ~
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ない!
 
 
 
 
 
旧型の方が後がシュッとなってカッコイイかも、なんて思った事ないですかぁ~
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ない!今のデザインの方が気に入っておる!
 
 
 
 
 
 
 
じゃあ~あぁ、HさんのCB1300のシートカウルをエーテックさんのシングルシートカウルに交換してみたいなんて思った事無いですかぁ~
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ない!!
 
 
 
 
エーテックさんのシートカウルの方がレーシィーでカッコイイかもなんて思った事無いですかぁ~
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ない!!タンデムできなくなる!!
記載変更もめんどくさい!!
 
 
 
 
 
 
それより、ストライカーのチタンフルエキを考えておるのだが…
 
 
 
 
え~チタンのフルエキなんて20万円越えじゃあないですかぁ~
 
 
それよりウチの12,600円のシートカウルプレートの方が安いじゃないですかぁ~
 
 
 
 
おい!ちみの口はおかしなことを言っておると思わんか?
 
 
仮にだ、20万のマフラーに、実際が何%かは知らんが10%の利ざやがあるとしよう、 
 
 
いくらだ?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2万円です。
 
 
 
 
利口だな
 
 
 
じゃあ、おぬしの勧める私が全く興味を示さないその12,600円のシートなんちゃらは…
 
 
 
 
 
 
シートカウルプレートです!
 
 
 
 
そのシートカウルプレートやらは2万円以上の利益をおぬしの店に落とすのか?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いいえ
 
 
 
ようし、見たところチミも馬鹿じゃぁないようだ。もう分かったな、
 
 
チタンフルエキとそのシートなんちゃらと…
 
 
 
 
 
 
シートカウルプレートです!
 
 
 
 
 
 
 
 
わぁぁったっ!シートカウルプレートなっ!!
 
 
 
 
 
あらためて聞こう!!
そのシートカウルプレートと20万のフルエキどっちがお勧めだ!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シート…
 
 
 
 
帰らせてもらう!!!!
 
 
 
 
 
たわけがぁ!!!
 
 
 
 
そんな訳で、Hさんの強いご要望によりシートカウルプレート発売します。
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
原行モデルの、上からシートカウルを止めるタイプを旧型のように横からシートカウルを止められるようにできるプレートです。
 
コレで現行モデルにもエーテックさんのシートカウルも取りつけ可能になります。
 
 
ただし…
 
シートカウルの加工が必要な上に
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カウルの他にもテールランプやら、フェンダーレスキット等旧型用の部品が何点か必要になります。
 
 
別にそこまでして…と言うお客様が多数でしょうから、納期1カ月程頂いての受注生産という事で対応させていただきます…

最近スタッフとしてお手伝いをしていただいております、国家2級整備士ウイリーキング、カミジョウメカ。
 
 
オーバーフローしていたサービス部の助っ人として新たにウチのスタッフとして加わっていただきました。
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ちなみに愛車のCBと共に今月号のカスタムピープルにも登場しております。
 
 
 
今日はテスト用CBのインジェクションボディーをヤマモトレーシングさんのインジェクションボディのプロトタイプに交換しております。
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらのインジェクションボディーはまだ開発段階で、販売価格、発売時期、詳細等未定となっております。
 
 
ウチは、街乗りテスト用CBとレーサー仕様のCBの両方でテストができ、ヤマモトレーシングさんのご好意もあり発売前のプロトタイプのテストをさせて頂ける事になりました。
 
 
先ずは、街乗りCBから。
 
 
 
テスト車両は2012年型の現行型。いわゆるちょちょいのちょいで、輸出仕様にならないヤツです。
 
 
 
まだプロトタイプなので、完全ボルトオンとはいきませんが、些細な問題はクリアしつつ取りつけ完了
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
取り付けが完了してみると、ここまでは出来てるんだなぁと実感がわきます。
 
 
興味のあるお客様も多いと思います。ヤマモトさんからの発売にはもう少し時間は掛かると思いますが、期待して待っていていいと思いました。
 
 
サブコンによる燃調の調整前(ゼロマップ)に先ずはウイリーキングカミジョウメカから試乗。
 
 
 
「てんちょ~ノーマルのファイナルでもフロントぽんぽん浮きますよ~」
 
 
 
もともとノーマルでも浮くは浮くらしいのですが…らしいと申しますのも、てんちょーウイリーできないのでつ…)
 
 
 
ノーマルにしては簡単に浮くということらしいです。
 
 
 
てんちょーも乗ってみました。
 
 
 
確かに、現行年式にしては非常にパワフルです。
 
 
 
少し燃調をいじった方がより乗りやすく、パワフルになると思います。
 
 
 
21日の「ドキッ!ワインディングだらけのツーリング大会!高速もあるよ!」でいろいろとマップテストしてみます。
 
 
 
楽しみぃぃぃ!
 
 
 
そして、ノーマルのブレーキホースの取り回しに苦労しておりました、ABS車用キャリパーブラケットサポート!
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
追加で製作したホースクランプステーのお陰でカミジョウメカのウイリーにもビクともしません。
 
 
 
今後ホースの動きを動画で撮影し最終確認となりますが、もう少し時間が掛かりそうです。
 
 
 
そして、一番マニアックと思われるのが、
 
 
 
「現行型にエーテックさんのシートカウルを取り付けちゃおうぜステー」(仮称)
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
とりあえず前期型のノーマルシートを取り付けてみました。
 
 
 
・・・伝わりにくい…
 
 
 
こんなの欲しいと言うお客様はいらっしゃるのでしょうか…
 
 
 
ポン付けとはいかないし…
 

ニューモデルのCBR400R納車しました。
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2気筒サウンドはどうかなぁ~と興味津々でしたが、
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スリップオンマフラーに変更した事もあってか、かなりGoodなサウンドで こりは良い!!と思いました。
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Miさまありがとうございました。
 
 
是非一緒にツーリング行きましょう!!
 
 
 
 
 
 
 
CB750にゲイルホイール&ブリヂストンS20組みました。
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
TypeRのブロンズです。
 
 
 
ブラック、ゴールド、ホワイトのオーダーが多く、ブロンズは今回初めて組みましたが、
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コレがまたなかなか渋い!!
 
 
 
21日のワインディングだらけの日帰りツーリングにもご参加いただけるそうなので、
 
 
 
そこで、3Kgの軽量ホイール&S20の真価の程をご確認下さい。
 
 
 
 
 
 
 
MeさまのCB1300SBにオーリンズフォーク組みました。今回はABSではないので、すんなり。
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マルケのオーリンズ用カラーはバッチリセンターが出るので苦労がありません。
 
 
 
キャリパーのセンターを確認してイニシャル、COM、TEN調整して、完成でーす。
 
 
 
次はリアサスの交換お待ちいたしております。
 
 
 
 
 
 
新規部品の取り付け確認しました。
 
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
詳細はまた後日になりますが、多分、殆ど売れる事は無いような予感…
 
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
てんちょー弱気です。

↑このページのトップヘ