2013年10月

今年の一泊ツーリングは9月某日の事。
 
 
目的地は宮城県鳴子温泉です。
 
 
一泊二日のツーリングとしてはウチがツーリングを始めてから最も長距離ツーリングとなりました。
 
 
岩手、秋田、宮城、山形、を巡る1,000Kmコースです。
 
 
集合場所は東北道「佐野SA」。
 
 
いつものごとくてんちょーより注意事項等の説明を受ける皆様ですが、
 
 
自分でギャグって、おのれでわろーてまう、イタイてんちょーの話もいい加減聞き飽きたのかHさんあくびしております。
イメージ 12
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 13
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Yさんにいたっては、こんな感じ悪い態度です。
 
イメージ 20
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
笑えねーよ~  ガヤ
 
イメージ 16
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
早く終わらせろよ~   ガヤガヤ
 
イメージ 14
 
 
 
 
 
 
 
ふぁ~あ
 
 
ちなみにこんな感じ悪い態度のYさん。先日行われたミニバイク耐久の練習会で、元国際ライダーに次いで2番時計をたたき出すなどますます付け上がる一方です。
 
 
 
今年のてんちょーのテーマは「俺達は必ず立ち直る!!東北人魂」です。
 
イメージ 24
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ちなみにHさんの今年のテーマは「ぼっけもん」
 
イメージ 15
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
鹿児島の方言で乱暴者と言う意味です。
 
 
決してフリーダムなお客様で構成された「赤組」の事ではございません。
 
 
さらに山梨からご参加のTさんの今年のテーマは「54」 てんちょー欲しいです。
 
イメージ 25
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その後パピューンと法定速度で「那須高原SA」まで走り休憩。
 
イメージ 19
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「緑組」 リーダーカミジョウメカ
イメージ 11
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
山梨から参加で既に200km以上走っているTさん。
 
イメージ 22
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
サンスター特注ディスクが眩しいNさん。
 
イメージ 23
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今回初参加のFさん。
 
 
 
更にピピュ-ンと法定速度で「国見SA」まで走り休憩。
 
イメージ 26
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「黄組」リーダーはウォームラップの終了を告げる見事な旗さばきを見せるモトパチメカ
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イタリアンサウンドを奏でるKさん。
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オリジナルカラーのZRX1200RはWさん。
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
毎回参加のCBR600RRはNさん。
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
真っ赤なホイールが決まっているSさん。この後、男気を見せることに…
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
SV400Sを愛するMさん。久しぶりの一泊参加。
 
 
流石に高速道路も飽きてきましたが、仕方なくプピューンと法定速度で「長者原SA」まで走り昼食。
 
 
大半の方が、血に飢えた肉食獣ですので、人気メニューはやはり牛タン系メニュー。
 
イメージ 17
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 18
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
後日談としてここでの食事が一番うまかったんじゃないかと、宿泊したホテルの板長を敵に回す発言も飛び出すほど美味しかったです。サービスエリア恐るべしです。
 
 
お腹が一杯になっって落ち着いたのか今までにもまして安全速度でペピューンと「一関IC」まで走り一般道へ。
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ぼっけもん「赤組」リーダーはてんちょー。
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ぼっけもんHさん。
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ABSモデルにしてオーリンズフォークが眩しいIさん。
 
以上3人はこの時全て無傷の綺麗なチタンフルエキ。
 
しかし、この後CBのバンク角の無さがあだとなり、東北のワインディングできれいな火花と引き換えに傷物に…
 
 
イメージ 9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
右側はキャンディーレッドですが、反対側はブラックというアシンメトリーデザインのKさん。
 
イメージ 10
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
獲物追尾中なので、写真どころではない、感じの悪いYさん。
 
イメージ 21
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
法定速度で走っているにもかかわらず、激しい風圧に耐えかねてヘルメットが脱げかけている事に気づかずSAに到着したSさん。
 
そして、ぼっけもん達は景勝地「厳美渓」へ向うのでした。
 
つづく…
 
ここまでの走行距離浦和ICから420Km
Tさん650Km

「はいっ、てんちょーの大好物の黒い恋人、ブログ見たから…」
 
 
御来店いただいたのは、今回車検とカスタマイズのご依頼を頂き、お引取りにみえたM様。
 
 
「く、黒い恋人?」
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「茨城銘菓」
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「い、いや、Mさん、文明堂ってかいてありますけど…しかも文明堂は東京」
 
 
「あっ そうすか…」
 
 
ジョーク好きなM様。
 
 
 
ご入庫時も
 
 
「はいってんちょー 前金500万、ブログ見たから…」
 
 
 
「ご、ごしゃくまん?」
 
 
 
「クラッチボルトの分」
 
 
「純金で作る気でつか…」
 
 
そんな訳で車検&ブレーキカスタム&クラッチカバー交換等々させて頂き完成いたしました。
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
結構ご相談を頂きますスケルトンタイプのクラッチカバーはコワース製です。
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エンジンを掛けるとこんな感じ…
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
500万が回っております…
 
 
 
 
 
 
が…
 
 
 
 
 
実は1本1,500円で塗らせて頂きました、ガンコート塗装でございます。
 
 
なので、実際回っているのは9,000円です。
 
 
M様は何も知らずに500万円が回っていると大喜びでございます。
 
 
いひひひひ、儲かった…
 
 
本当は白い恋人より断然お金に目が無いてんちょーでした。

今日も良い天気でございます。
 
 
それにしても次々とやってくる台風の影響も有り、しばらくすっきりしない天気が続きました。
 
 
結局10月20日に予定しておりました、ツーリングも雨天中止となってしまいました。
 
 
雨が降るとお客様からのお預かり車も倉庫とショールームへ避難させ室内保管となりますので、雨が降るとショールームも狭くなりこんな具合です。
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
CBだらけなのはウチらしいといえばウチらしいのですが…
 
 
CBRもやってまーす!
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
後はK様よりご契約頂きました、CBR1000RRレプソル
 
 
前は展示中のCBR600RRレプソル
 
 
CBR600RRはまだ未成約ですのでご興味のあるお客様は是非!
 
 
画像は雨上がりのとある日きれいに上空に現れた虹でごじゃいます。
 
イメージ 3
 
 
 
 
 

「てんちょーお土産でーす」
 
やってきたのはホーネット250オーナーのMくん。 若干20歳の好青年。
 
ウチのツーリングでは初心者のお客様や、良識ある大人のバイク乗りで構成される「緑組」でいつも走っている彼
 
 
「ありがとー!…? こっこれは!!」
 
 
しろいこひびと…
 
 
と言う事は…
 
 
でっかいどーほっかいどー・・・
 
 
「だれと?」
 
 
「1人で!」
 
 
「しとりで…?」
 
 
「うれじぃ~!!免許取り立てでウチに初めて来た時はまだ、こぉぉぉぉぉんなにちっちゃかったMくんが…」
 
 
「そんなにちっちゃくないです。」
 
 
「てんちょーが一緒に道路に出て手取り足取り教えた、こぉぉぉぉんなにちっちゃかった頃が懐かしーよー」
 
 
「だからそんなにちっちゃくないです。」
 
 
「せーちょーしたねぇぇぇ、てんちょーはうれしいよぉ~ うん、うん、こぉいつぅ~」
 
 
「頭なでないで下さい。気持ち悪いです。訴えますよ」
 
 
 
数日後
 
 
 
「てんちょー、今度北海道行ってきますぅ。」
 
やってきたのはVTR250オーナーのIさん。 若干2○歳の女性ライダー。
 
最近お茶の水女子大附属に通われていたのは小、中学校までであり、高校は共学であるとのことが判明した
黛真知子弁護士似の彼女。
 
ウチのツーリングでは初心者のお客様や、良識のある大人のバイク乗りで構成される「緑組」でいつも走っている黛弁護士。
 
  
でっかいどーほっかいどー・・・
 
 
「だれとぉぉ、気になるぅぅ!」
 
 
「1人で!」
 
 
「しとりで…?」
 
 
 
 
 
 
 
 
「いかぁぁぁぁぁん!
    父さんは許さんぞ!」
 
 
 
 
 
 
「若い女性がしとりで
      北海道なぞ、
ゆるさぁぁぁぁぁぁぁん!!」
 
 
 
 
 
 
 
「私がどこへ行こうが勝手ですし、そもそもてんちょーさんは父ではないので…」
 
 
 
 
 
 
「父でないのなら、こひびと?   なんちって」
 
 
 
 
「…」
 
 
「そうかぁ、決意が固いのなら仕方が無い。免許取り立てでウチに初めて来た時はまだ、こぉぉぉぉぉんなに
ちっちゃかったIさんが…」
 
 
「そんなにちっちゃくないです。」
 
 
「てんちょーが一緒に道路に出て手取り足取り 腰取り 教えた、こぉぉんなにちっちゃかった頃が懐かしーよー」
 
 
「だからそんなにちっちゃくないですし、それセクハラですよ。」
 
 
「せーちょーしたねぇぇぇ、てんちょーはうれしいよぉ~ うん、うん、にぎ、にぎ」
 
 
「手を握らないで下さい。気持ち悪いです。訴えますよ」
 
 
「そ~言えばてんちょーの大好物知ってる?」
 
 
「いえ」
 
 
「北海道と言えば、 しろいこひびと じゃあないですかぁぁ」
 
 
「そ、そうなんですか」
 
 
「先日もMくんがもってきてくれてねぇぇ、美味しく頂いたところだよぉ」
 
 
「催促・・・ですか」
 
 
「いや、とんでもない気にしないで、」
 
 
 
 
 
 
 
 
「ただ、てんちょーは
白い恋人がとてつもなく
このうえなく大好きぃぃ!!
と言う事実をお伝え
しただけですぅぅ!!
ホント!
気にしないでぇぇ!!!」
 
 
 
 
「…」
 
 
 
 
 
 
2週間後大きな しろいこひびと 届きまちた…
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Mくん、Iさんありがとうございます。
 
 
おいしく全て1人でいただきました。
 

先日Y様CB1100を12ヶ月点検でお預かりさせていただいている時の事
 
 
たまたま、CB750Four(K0)のM様が御来店頂き、新旧顔合わせとなりました。
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
M様のK0は2000年にオープンした当店で車検のご依頼を頂きました第1号車でもありそれからのお付き合いとなります。
 
 
てんちょーはじめサービスのモトパチメカも大手の2輪HONDAディーラーで修行はしてきたものの
 
 
初めての車検がいきなりK0で光量を確保するのにライトレンズを表裏丹念に磨いたり直前までバッテリー充電したり、
 
車検場では、万が一のことを考え車を離れる時には、サイドカバーを外して、車内にしまったり…
 
 
思い出のある車両です。
 
 
 
「良く出来てるなぁ、俺のほかにもK0のお客さんがいるのかと思ったよ~」
 
 
「オレもこっちに乗り換えるかなぁ~」
 
 
 
 
と言い残しM様は帰られましたが、
 
 
きっといつまでもK0に乗られるのだと思いますし、ずっと乗り続けていてほしいです。
 
 
ウチの車検第一号車ですから…
 
 
 
 
 
そう言えばHONDAの広報発表で新型のCB1300SBの画像がアップされております。
 
 
あくまで東京モーターショー出品車両という事ですが、ほぼこのまま発売するのではないでしょうか
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
てんちょーとしては、特にトリコロールデザインが好きです。
 
 
なんてったってウチのレーサーのレプリカですから…
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マネサレタ…
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
元デザインはこれで、そもそもてんちょーがまねしたんでしょ
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ハイ…
 
 
最近、クールにツッコまれることが多くなりました。

↑このページのトップヘ