2015年05月

今回は、江東区からお越しのY様

2014年式CB1300SBです。

イメージ 1





















イメージ 2






















ご依頼はネゴシエーターI&ネゴシエーターS取り付け。


いつも通り「オートショップアオヤマ スペチャル シークレットMAP」を スリッと仕込ませていただきました。


ネゴシエーター取り付けのご依頼は最近多くなってまいりました。


ネゴシエーターは常時在庫するように心がけておりますが、オーダーが集中し、時折バックオーダーとなりお客様にご迷惑をお掛けする事もございますが、


今日現在で、3台分は在庫がございますので即対応可能でございます。


ご興味のあるお客様は是非ご相談ください。


大人の事情で、Y様のCBはホイールがブラックです。


ブラックホイールもカッコ良いです。


Y様この度は誠にありがとうございました。


Y様には若干の作業を残してしまい、再度のご来店をお願いしご迷惑をお掛けいたします。
申し訳ございません。


サーキット走行会帰りにお立ち寄り頂いたS様



イメージ 9
























バイクは2014年式CB1300SB


 
 
「てんちょー、激しく接地するからカバー斜めにカットして」






 
 
「えっ、激しく接吻するから顔を斜めに傾けて?」






 
「おぉぅ!ホントにそう聞こえたんだな!」

 
 


「冗談ですよぉぉ、男性から激しく接吻はボキも嫌ですよぉ~」



ご来店頂いたS様のCBのケースカバーのボルト部分が激しく削れ僅かながらオイル漏れも起こしておりました。


ご存知の方も多いかと思いますが、ST&2014年~全車左のエンジンカバーの形状が変更されております。

イメージ 1





















イメージ 2






















発電容量を上げるためにACGが大型化され、更にそれに伴い冷却用にオイルラインとオイルジェットをカバー内に増設したことによるものですが、そもそも電装部品を多用する白バイ用に見直されたと聞いた事があります。


イメージ 3





















イメージ 4






















「以前よりバンク角が減ったじゃねーか!」




「そう申されましても、CBはそもそもツアラーですし…」



「そもそも、CBでサーキットを攻めるというのもどうかと…」






「オマヘに言われとー無いわ!!」



「オレのCBもワレのCBの様にしたらええんとちゃうんかい!!」

イメージ 5





















イメージ 6























「でもこれだと1時間程度しか走る事できませんしぃ…」



しかし!オートショップアオヤマ!お客様のご要望を少しでも叶えるべくケースカバーを加工させて頂きました。



とりあえずオイルライン加工穴を塞いでいるだけのボルトは取り外して溶接して塞いでしまいました。

イメージ 7





















イメージ 8























これで幾らか寝かせられるかとは思いますが、S様無理をされぬよう宜しくお願いいたします。


ツアラーですから…


PS:本文は激しくフィクション…  あっもういいですか?
S様はこのような言葉使いなどされる事も無くとても温厚なお客様で、とても優しい口調でてんちょーをやんわり脅すとても優しい方でございます。

今回は、流山市からお越しのM様2014年式CB1300SB


フルパワー加工のご依頼です。


イメージ 1






















追加で前後ホイールのペイントのご依頼も頂きました。


やはり、ネゴシエーターIには ヒッソリ オートショップアオヤマオリジナルマップを仕込んでおきました。


ウチのマップはそもそもTSRノジマフルエキゾーストをベースに作成されておりますので、
M様の様に同じマフラーのお客様はほぼ専用マップが仕込まれた事になりラッキーです。


イメージ 2























ホイールのペイントはウチの東京モーターサイクルショー出品車両と同仕様でございます。


イメージ 3






















2014年より変更となったデザインを際立たせるゴールドペイントでございます。


イメージ 4






















この度は本当にありがとうございました。

また、ご依頼ご相談をお待ちいたしております。

5月25日14時20分


埼玉県川口市にあるオートショップアオヤマを担当するブリヂストン進藤が来社


「MotoGpのポスター持ってきました。」



「ありがとう、有村架純ちゃんのポスターの方がウレシイけどね」



この時ショールームにてんちょー、そしてBS進藤。工場には作業中の本橋メカ。
上條メカは登録のため不在だった。







14時25分



「そう言えばこの間車ぶつけられちゃってさぁ結局、車買い換えちゃった」


「そんで年末に納めてもらったスタッドレス未使用で残っちゃってんだよねぇ」


「新しい車とサイズ違うし、どっかで買ってくれないかなぁ~」


「難しいですねぇ~」


「何とかしてよぉぉ~」




てんちょーと進藤はバイクのタイヤの情報交換もさておきドーデもいい話で時間をすごしていた。



14時28分



「そー言えばさあ今度の車16インチなんだけど、おんなじ車でも17インチホイール見るとやっぱあっちの方がカッチョエエよねぇ」



「そうですねぇ、17インチの方がタイヤの選択肢も多いんじゃないんですかぁ」



やはり、バトラクスの話など一つも出ず時間が過ぎていき…その時が近づいていく



この後起こる大惨事を予見できるものなど誰もいなかった…





14時29分



その時を迎える



ユサ…



?!…



グラ!グラ!




グラグラグラグラグラ!




う、うわぁぁぁぁぁぁぁぁ!!




じ、地震だぁぁぁぁ!!!




店内のCBが激しく揺れる!




「進藤さん!あっちのバイク押さえて!!」




「私はこっちのバイク!!」




「どれを押さえましょう!!」



「とりあえずお客さんのCB!!ウチのCBはいいから!!」




「わたくし進藤!この激しい振動は抑えられません!!」




「ゆーてるばあいかぁ!!」





14時30分



「揺れが落ち着いてきたな!本橋!状況報告!!」


「…」


「もとはし!!じょうきょうほうこくぅぅ!!」



「…」



その時本橋メカ、CB750にFCRを付けるべく工場で作業中…


リフトから落ちてきたCB750にダメージを与えてはいけないと身を挺し下敷きになり殉職


そう悟ったてんちょうの絶叫がショールームにむなしく響く








「もーとーはーしーぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!」



しかし悲しみに暮れている場合ではないてんちょー 奮い立つ




「進藤!ショールームの被害状況報告!!」




「はっ、現時点で転倒したCB1300が2台!近くで負傷者2名を確認!!」





「負傷者の特徴を報告!!その後救助要請!!」





「はい!一名は茶髪で10代男性、上半身裸、
黒いブリーフと赤い金属製のブーツを着用!」









「?」








「もう一名!10代~20代男性、白いグローブに
白いブーツ、全身白いスーツ着用であります!
両名共に出血は無し!119番通報します!!」







「ちょ、ちょ、ちょ、ちょー!!」


「待って、待って!」


「居た?店内に他にお客さん?」



「しかし、ここに負傷者が2名!」



「どこ?」

イメージ 1





















イメージ 2






















「あ、アトムとキャシャーン?…」


「おもちゃじゃん…」



とまあ、その瞬間はビックリしましたが、大きな被害も無く本当に良かったです。

イメージ 3


「結構揺れましたねぇ~」


あっ本橋メカ



「ただいま戻りましたぁぁ」


あっ上条メカ



「結構揺れたけど大丈夫だった?」



「へっ地震あったんですか?バイク乗ってて全然気がつきませんでした」


いづれにしましても大した被害もなく良かったですが、常日頃から地震への備えは考えておかなくてはなりません。


3月11日のあの日の後にもそう思っていたのにどれだけ備えをしているか…


あらためて反省…



PS:もう一々申し上げるまでもなく本文は激しいまでのフィクションでございます。
お話を盛り上げようと必死なてんちょー構成上、進藤さんを一部呼び捨てにしているところがございますが、いつも大変お世話になっておりますご担当者様で普段呼び捨てにする事なぞ全くございません。

八王子からお越しのN様CB1300SB

イメージ 1





















ネゴシエーターI&ネゴシエーターSの取り付けのご依頼。

イメージ 2






















もう1台ZX14Rを所有されており


「14Rに比べるとCBは非力だね、」


「あ、まああちらさんは200PS位あるとお伺いしておりますが、CBは100PS程ですので、」


「まあ当然カテゴリーもコンセプトも違うからしょうがないね」


N様それでも、CBを高評価されており、


「CBは良いバイクで気に入ってるから、ちょっとだけでも元気にしてね」






「がむばらせていただきまっする」



連休前からお預かりさせていただいており大変ご迷惑をお掛けいたしました。


連休前にお出かけの予定もございますでしょうから,一度お戻しに上がりますとご提案させていただいたところ


「大丈夫、大丈夫!ZX14Rで出かけるからゆっくりやって」


と逆にに気を使っていただきました。


この度は本当にありがとうございました。


コッソリ当店オリジナルマップを仕込ませていただきました。


少しはCBも元気になったでしょうか


N様のCBのお陰で改めてとても勉強もさせていただいたのはここだけの話でございます。

O2センサーや純正のコンピーターの事などなど…

またのご相談をお待ちいたしておりまーす!

↑このページのトップヘ