多忙です。
 
 
ウリ坊でもなければヤン坊でもなく、当然マー坊でもございませんので天気予報もいたしません。
 
 
多忙です。
 
 
そんな多忙な中、明日は筑波で走行です。
 
 
アルミタンクも「女性、子供に媚びたカワユ~イ、モーターサイクルショー」仕様から
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「戦う男」仕様に戻しました。
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
明日の筑波では新兵器のテストもしてきます。
 
 
新兵器とは…
 
 
 
 
 
数日前鈴鹿のTSRさんより謎の箱が届きました。
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
表には商品の詳細の記載もなく…
 
 
 
 
 
 
 
ば、ば、ば、…  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
爆発物か!
 
 
 
 
 
 
いやまて、川口の端っこに構える弱小販売店が鈴鹿のTSRさんから恨みを買うようなことはないハズだ…
 
 
おそる、おそる箱を開けてみると…
 
 
シフター!
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そう言えば、「シフター送るからテストしといてねぇ~」なんて電話を頂戴しておりました。
 
 
 
中身はには完成間近のCB1300専用シフターの試作品とでも言いましょうか。
 
 
 
CB1300専用と言う意味は
 
 
 
CB1300のノーマルのハーネスに全てカプラーオンで取り付けができると言う意味です。
 
 
 
CB1300用の初めてのボルトオンシフターではないでしょうか。これは助かります。
 
 
 
 
が!…
 
 
 
 
ただ取り付ければそれでOKとならないのがシフターの難しさです。
 
 
商品化にはたくさんの問題があります。
 
 
取り付けされる方のCBのステップは?ノーマル?社外?
 
 
社外ならチェンジロッドの長さは?
 
 
正チェンジ?
 
 
逆チェンジ?
 
 
 
更にきめ細かくセッティングツールを使いセッティングをする必要があります。
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ミッションに負担の掛かるシフターだけに
 
 
ライダーのシフトの仕方、タイミング、くせ、等々…
 
 
確実に作動させるには、実走しては、セッティング、実走しては、セッティングです。
 
 
TSRさんのセッティングツールは非常によく出来ており電話で一通りレクチャーを受けましたが、
 
 
ただただ、感心するばかりです。非常に良く出来ております。
 
 
 
 
そんな訳でTSRさんもデリバリー方法も現在模索をしていると言うことです。
 
 
TSRさんとしても、無責任にポンとお客様にお渡しすることができないシロモノなので量販店に展開したり、部品だけの販売も考えていないそうです。
 
 
 
IQの低いてんちょーが、セッティングツールを使いこなせるようになり、実走テストからデーターを作ることが出来るようになったら当店での取り付けを開始しまーす。
 
 
気長~にお待ち下さい。
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
※ちなみに熱に弱いスイッチはなるべくエンジンから遠い後方につけるのが正しいのですが、今回はスペースの関係で前についてます。
 
 
 
 
※ちなみにピットロードスピードリミッター機能も付いております。
スイッチオンで…
 
 
 
 
バッバッバッバッバッ!
 
 
 
ってなる訳です。
 
 
これでタワー3階にも呼ばれ、こってりしぼられずにすみます…