カテゴリ: イベント

明日19日及び明後日20日は一泊ツーリングのためお店はお休みとなります


お客様には大変ご迷惑をお掛けいたしますが何卒よろしくお願いいたします



雨だな・・・



みたいだね



参加費6万ってなんだよ



高級ホテルだから・・・



スイート個室か?



いや全員同室、雑魚寝



おかしくないか



さては原価1万円で残り5万円×参加人数ピンハネしてね―か?



してないよぉぉ



内外装リニューアルしてるな

P1050787


はい進行中でございます


P1050757



結構お金掛かるんだろ




でもアニジャ様含めお客様のご協力のお陰で何とか抑えてやっております



今回のツーリングでピンハネした金を見込んでリニューアルに踏み切ったな!!!



そんなことはございません



じゃあなんでそんなに参加費掛かるんだよ




知ってて参加するくせにぃぃ~

P1050484_R


しかしなんだね、邪な気持ちでイベント企画するとお天道様も黙っちゃいないね・・・

黒澤様の生い立ちを深夜に及んで聞かされ、情けで4時間だけ睡眠時間をとることを許され、目を覚ましたのが午前7時



一方、その30分後には、スタッフ神ジョーメカ、アニジャさんオトジャさん臨時リーダーの元第1集合場所蓮田SAに集うASアオヤマ軍団


P1050424_R

P1050425_R

P1050427_R


P1050423_R



眠い目をこすりながら黒澤様とホワイトストーン様とオートショップアオヤマツーリング組に合流すべく朝9時半にBig1オーナーズクラブの皆様より一足早く宿を出発



一方その頃第2集合場所談合坂SAにて全員揃った参加者様に向け、恒例のてんちょー挨拶、注意事項などを不在のてんちょーに代わり、淡々と語るあげるAIてんちょーのお言葉に皆様耳を傾け中

P1050431_R

P1050434_R

P1050436_R

P1050437_R

P1050438_R


P1050451_R



AIてんちょーからは今回リーダーを務めて頂く影山ブラザーズにお礼のプレゼントが贈呈






共に目指すは合流場所となる諏訪湖近くに位置する うなぎ小林さん



20名もの団体予約ということもあり、うなぎ小林さんでの集合時間は11時厳守



Big1オーナーズクラブの皆様とのお別れを惜しみ過ぎて出発の遅れた3名



AIてんちょーのお言葉が途中で途切れるなどの不調が原因で出発の遅れた17名



しかしながら神のご加護のお陰で定刻通り20名全員集合となりました

P1050462_R

P1050463_R

P1050464_R



長野県・諏訪湖は昔から、日本随一のうなぎの名産地として有名!
諏訪湖周辺には、うなぎの専門店が軒を連ねています


その中でオートショップアオヤマお気に入り、てんちょー3度目の来店となるうなぎ小林さんは本当においしいです!今回も全員が座れる座敷を用意していただきました。本当にいつもありがとうございます


P1050453_R

P1050454_R

P1050455_R


P1050457_R

P1050458_R



おいしい鰻を堪能した後はビーナスラインを目指します



途中集合写真撮影スポットに選んだのが「立石公園」


P1050469_R

P1050470_R

P1050474_R


てんちょーは全く知らなかったのですが、ここから臨む諏訪湖は、てんちょー大好きなヒット映画「君の縄」の糸守湖のモデルになった所だということを、ホワイトストーンさんに教わりました。いわゆる聖地ですな











m54450767649_1





ちがうなぁぁぁ!!

2017-10-05_091618



えっ?


良く見て、眠いでしょうが、ようく見て!









縛られてんなぁぁ!




てんちょー大好きな・・・までは合ってっけど『ヒット映画』じゃなくて『ヒットAV』だなぁ!





これはてんちょーとしたことが、「君の名は」でした、こちらが糸守湖


糸守町 聖地



こちらで集合写真をパチリ


P1050466_R




いつものことながら神ジョーメカがカメラを構えてくれましたので本人は写っておりません








P1050468 のコピー





写ってんなぁ!!


2017-10-05_091618


今まさに地表に衝突せんとしてんじゃねぇかぁぁ!!





いつも撮影で集合写真には入れないから可哀想かと思いワイプで入れてみました・・・



こっちの扱いの方がかわいそうじゃないか・・・





好天の3連休中日ということもありビーナスラインのドライブインもたくさんのバイクで溢れておりました
P1050480_R

P1050481_R

P1050486_R

P1050483_R



何やら10月の一泊ツーリングの話で盛り上がっているお二人は・・・


P1050484_R



顔出しNG・・・エロい相談してるので・・・





交通量も多かったのでのんびり走って、景色を楽しみながら帰ってまいりました



今回もたくさんのお客様にご参加をいただきまして誠にありがとうございました



P1050493_R



てんちょー、ちょっと寝不足でご迷惑をお掛けいたしました


P1050494_R


誰のせいとは申し上げませんが・・・


P1050495_R


昨日店内改装に一役買ってもらったんですもの


P1050497_R


この口が裂けても・・・





黒坂さんのせいとは・・・




P1050479_R






言えない・・・






次回の日帰りツーリングは一気に年末12月の恒例千葉ツーリングとなりますのでまた皆様多数のご参加をお待ちいたしております!












1週間前の出来事です


Big1オーナーズクラブ主催の一泊ツーリングにお誘いをいただき黒坂さん・・・いや黒澤筆頭株主と共に参加させていただきました

P1050153 のコピー

朝7時に菖蒲PAで黒澤様と合流すべく5時に起床&準備そして出発


その後たくさんのCBオーナー様と合流し楽しくツーリングをして宿に到着


黒澤様と同室となったてんちょー



宿が貸し切りのため午前零時まで解放された宴会場にて宴会が終了したのが同刻



人見知りで、殆どの方と面識のない黒澤様がオーナーズクラブの皆様からの温かい歓迎ップリに気を良くしたのか、重かったクランクシャフトが小気味よく回りだし、150Psに到達したのが午前零時



宴会で余った酒をしこたま抱え込んで部屋に戻った黒澤様



てんちょーも飲むのは嫌いではございませんので、すでに寝ていらっしゃる同室の方に配慮しながら静かに黒澤様と小声で談笑しながら飲んでおりました



翌日は、お店の日帰りツーリング組と合流し主催者としてリーダーも努めなくてはなりませんのでもうそろそろ寝ようかとふと時計を見たのが午前2時





「じゃあそろそろ・・・」布団に入ろうとした矢先・・・


「てんちょー聞いてくれる俺の生い立ち」


「おひたし?」


「生・い・立・ち」


株主ツーリングクラブ筆頭株主様でございますから邪険にもできず


「ま、まあ少しなら」と椅子に座りなおしたてんちょーがバカでした



山形で生まれた黒澤様

話は幼少期、小学校、中学校、高校へと進み

卒業後山形から上京し自動車整備会社へと就職したものの自分の理想とは程遠い雑用の毎日に洗濯機で回っている作業着を見ながら筆頭株主の頬を一粒の涙がつたったのが午前3時・・・




「ちょ、ちょいいですか、黒坂さん、いや黒澤さん、社会人になるまでの話で1時間ほど掛かってんすよ、仮にここまでを第一話としましょう・・・ コレ何話まであんすか、 」






「しかも、今挫折してるくだりっすよね、そのメンタル病んでるどん底っすよね、んでもってそこから今の地位を築くまでが一層熱の入るパートすよね!」







「こっから、9,500RPMに達して160PSに達するんすよね!!」









「2話以降は後日にしてもらっていいすか」






「えっ、もう寝ちゃうのぉ~」


「黒坂さん、いや黒澤さんも明日走るんすよ!このサクセスストーリ完結まで聞き終えた頃にはもう朝っすよ朝日も高く登って明るくなってんすよ!すんません寝かせていただきます!」


グウ~




実に22時間寝てませんので、翌朝寝不足で具合が良くなかったのは必然でした・・・



2日目のオートショップアオヤマ日帰り諏訪ツーリングに続く・・・




※まことに勝手ながら明日は店内改装のためお店はお休みとなります
お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが何卒ご了承ください。

夜にはヘトヘトになっていると思われますのでブログの続きは23日になりそうです。











明日はクロスカブくまモンVerの納車を午後2時頃予定しております



無題3 のコピー


頼む!雨をやませてくれ‼‼





お客様が納車を楽しみにしてくださってるんだ!!!






17日は筑波の走行予約を入れております



2 のコピー


頼む!午前中だけでも雨を降らさないでくれ‼‼






オレがファイナルレシオのテスト&新型スイングアームの走行を楽しみにしてるんだ!!!






20日はスポーツランドSUGOで当店貸し切り走行会を予定しております



無題 のコピー



後生だから!!ドライで走らせてくれ‼‼





たくさんのお客様が楽しみにしてんだ!!夜から降る分にはもう温泉入って宴会やってからぁ!!!






頼むよ~!!!

そう、あれは昨年開催されたSUGO走行会での出来事



そう、涙無くしては語れないあの出来事



悲しくも儚い物語



主役は初めて参加された元全日本ライダーK様



マシンはCB1000SF SC30




そしてもう一人の主役、もう3度目の参加となる筑波TTで表彰台をGETした経験を持つ元テイストF-ZEROライダーT様




マシンはCB1000R SC80



そう26年の時を経て



ホンダの801cc以上のオンロードモデルとして途中40や54も含むいや、77始めCBRシリーズも含めた50機種分のテクノロジーの進化を経て



セックスのみのフレン・・・いや、スーパーなフォアがレーシングへと変貌を遂げた2018年



今ここに熱い戦いが繰り広げられる



それは、ホームストレート上のグリッドからスタートとなる3本目の走行



共に周りの状況を冷静に判断できるエキスパートのK様とT様は最後尾スタート



ブリーフィングでは散々「3本目の走行はレースではごじゃいません!1コーナーまでは周りをよく見てがんばってもいいですけどその後からは通常の走行会ですからね!」と口をスッパムーチョにして話したてんちょー


「熱くならないでね!」



当然最後尾の2名はレース経験者ですからそんなに強く言うこともなく



だって経験豊富なエキスパートですから



こんなほのぼのとした初心者対象の走行会で真剣になることなどありえな・・・



コォォォォォォォォォォォォォォンンンンンンンンンン!!!!



はい、完全に30の後ろに80スリップ入っちゃてます・・・



コォォォォォォォォォォォンンンンンンンン!!!!



はい、2周目もバトル続行中、走行会ではあまりお目に掛かれないくらいピッタリ背後に張り付いてます



ピットで頭を抱えながらも冷静に状況を分析するてんちょー



SC80 車両重量212Kg アルミカム アシストスリッパークラッチ&6速ミッションを搭載した998ccパワーユニットは最高出力145PS スロットル開度をスロットルグリップの操作に連動するアクセルポジションセンサーで検出した信号によりECUがスロットルバイワイヤモーターに駆動信号を送ることでスロットルバルブを制御し違和感のない緻密なスロットル操作を可能とした電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)搭載・・・一方



SC30 車両重量260Kg フツーの湿式多板クラッチ&5速ミッションを搭載したこちらも同じく998ccのエンジンは最高出力93PS 吸気方法は当然漢のツール、キャブ!





SC80 ダイヤモンドフレームにテスコピック倒立フォーク及びプロアーム式スイングアームに高い路面追従性を誇る分離加圧式を採用し減衰力特性のチューニングと軽量化を行ったシングルリアサスペンション・・・ところが


SC30 ダブルクレードルフレームにテレスコピック正立フォーク及びスイングアーム式ツインショック





SC80 プロダクションタイヤ装着も可能としたタイヤサイズは120/70ZR17&190/55ZR17・・・それがどうだ


SC30 一応ラジアルタイヤとは言えもはや銘柄の選択肢もない120/70R18&170/60R18





SC80 フロントブレーキにはφ310mmの10ピンフローティングディスクと、CBR1000RRにも採用されているTOKICO製のラジアルマウント式4ポッドキャリパーを装備。更にABS(アンチロック・ブレーキ・システム)を採用し、前・後輪に装備した車輪速センサーからの情報をもとに、走行中、自己診断機能付ECUがタイヤのロックを監視。ブレーキのかけ過ぎや急な路面変化によるタイヤのロック傾向を検知するとタイヤのロックを回避し、車体コントロールをサポートする・・・そんな事をよそに


SC30 ニッシン製アキシャルマウント式4ポッドキャリパー装着、ABSなんかあろうはずもないが、もしやの時には鬼ポンピングブレーキで回避してみせる 




SC80 スロットル操作に対する出力特性を3段階から任意に選択できるパワーセレクターはSPORTモードフルパワーでライバルを追い詰める

ライダーの好みに応じて3段階のレベル切り替えが可能なHonda セレクタブル トルク コントロールでフルバンクからワイドオープンでライバルの背後に迫る

走行中にスロットルを全閉し減速する際のエンジンブレーキの強さを選択可能なセレクタブルエンジンブレーキでコーナー進入を安定させライバルのインを刺す・・・ところがどっこい



SC30 電子制御システム一切ナッシングで制御は正にライダーの感情とテクニックの赴くままに




そう、きっとK様は30の名誉と自身の意地を掛けインフィールドでギリギリの走行でリードを築くも


裏ストレートで縮められ、表ストレートで背後につかれ追いかけまわされている・・・



目前のコースを疾走するK様のナイスファイトを目の当たりにしたてんちょーの頬を一筋の冷たいものが・・・










あんた!アンタ、スゲーよ!





でも



でも、それも長くは持たない事をてんちょーは知っている・・・


26年分のテクノロジーはマンパワーでは埋められないことを・・・


この後、非情な結果が待ち受けていることを・・・


見たくない現実がそこにあることを・・・






コォォォォォォォォォォォォンンンンンンンンンンン!!!



3週目のストレート


最初に余裕綽々で鼻歌交じりで駆け抜けていったのは・・・ハチマル・・・


鬼の形相で追い縋るサンマル





もうやめてやってくれぇぇぇぇぇー!!


Kさぁん!もう、もういいんだ!


ここまでもう十分にアンタは戦ったよ!


もう30を休ませてやってくれぇぇぇぇ・・・





と、今年もどんなドラマが繰り広げられるか楽しみな走行会ですがご安心ください



エキスパートクラスは別としまして、常識あるお客様だけで走る初心者&中級クラスはいたって平和でございますから・・・


P1010598 のコピー





↑このページのトップヘ