タグ:練習用

最終日四万温泉のホテルを出発した我々はこの長い旅にとうとう終止符をうつこととなる


まず目指したのは榛名湖


ただ裏榛名を攻め立てたいだけの理由でチョイス


アニジャ君そもそも私がグンヘルを被りカブで峠を目指している理由はなんだと思う


キミが考えていることなんか分かる訳ないでしょう


そもそも脳みそが

イメージ 1














イメージ 2






















実はねアニジャ君


どがあん!


びりびり


ぎゃん

イメージ 3



















ってやってみたいんだよ、一度でいいからさ


だったら、好きにしなさいよ



ほらほらほらほら、アニジャ君、いたよターゲット


CB1000R!

イメージ 6





















いようし行くぞぉ!


イメージ 4




















イメージ 5



















いようし次はオマヘだR-1!


イメージ 7


















イメージ 8


















イメージ 9



















オイ、



キミはさっきから動画を切り抜いてだ、


写真の順番を入れ替えて時間を逆行させて


画像にコメント入れてインチキしてだ、


恥ずかしくないのかい、それ大人がすることかい?


漫画のようにはならないね…



熱いバトルを繰り広げあっという間に榛名湖畔へ到着した我々

イメージ 10





















すると隣に1台のカブ号が


アニジャ君見て見なさいよあのカブ、見覚え無いかい?

イメージ 12






















「オトジャくんマフラー落ちた事件」の現場付近で見かけたカブに似てないかい


今回の旅でたくさんのカブとすれ違ったから他人の空似じゃね


あの~すみません…


ん?


昨日国道8号線走ってませんでした?コンビニに止まってませんでした?


あーーーーー!!


ほうらやっぱりぃ

イメージ 11





















こうして富山県ですれ違ったカブ主君と群馬県で運命的な再開に、話も盛り上がりこれから茨城まで帰るというカブ主君と別れを告げ昼食を摂るべく水沢うどんエリアへ

イメージ 14























向かうも…


そうゴールデンウイーク真っ只中


各店駐車場へ入ろうとする車で長蛇の列


イライラ度MAXなのか怒号も飛び交うその様子にサブくなりスル―


ホテルの朝食バイキングでガッツリ食べたのが功を奏し結局昼抜きで岩槻到着


しばし歓談を楽しんだのちに4人の仲間たちはそれぞれの家へ

イメージ 13






















こうして我々の平成から令和にまたがり開催された今年の原付ツーリングが終わった


たくさんの思い出を胸に、また来年の再会を約束して…


ほぼ毎週会ってるけどな


それ言わない…



まわるよ~まわる♪

地球はまわる♪

そんな訳で11話にわたりお送りしてまいりました原付ツーリングの様子は樋口了一氏の「1/6の夢旅人2002」を聞きながらこれにて終了となります…


イメージ 15





























イメージ 16






















イメージ 17






















イメージ 18






















イメージ 19

































イメージ 20


















































イメージ 21
































イメージ 22





























イメージ 23































イメージ 24






















イメージ 25






















イメージ 26






















イメージ 27






















イメージ 28






















イメージ 29






















イメージ 30






















イメージ 31



















イメージ 34






















イメージ 32






















イメージ 33






















イメージ 35






















イメージ 36






















イメージ 37






















イメージ 38


















































イメージ 39



























来年はどこに行きましょう…


聖地、四国…



イメージ 40











そんな訳でして今回ご紹介させていただきますのは東京よりお越しのS様

イメージ 1





















CB1000SFです

イメージ 2





















仕様は…


ホイールはHonda製18インチ


ステム&トップブリッジはフジモトファクトリー製


ディスクは社外の320Φ


キャリパーは今回の作業に合わせてブレンボ製のCNC40mmピッチへ交換


フェンダーは吊り下げ型のHonda製フェンダーです


そこにユニバーサルのオーリンズ製フロントフォークを装着していきます


カラーはゴールドです


フォークスパンの狭いCB1000SF


ディスクのオフセット量が大きいとアウトですが今回の3台は事前にSTDとオフセット値が同じと言うことをお伺いしておりましたのでお受けできました


それでもキッチリホイールセンターを出してもフローティングピンとアウターチューブのクリアランスは1mm以下、もはや紙1枚分


ホイールの脱着にはコツを要します


Honda製ホイールですのでホイールカラーはダストシールにはめ込むタイプ


ブラックアルマイト処理を施しました


キャリパーサポートはノーブレスト製を選択


ボルトは付属の物からステンレス製穴開きフランジボルトへ変更しております

イメージ 3


































問題のフロントフェンダーの取り付けはS様が持ち込まれた社外スタビライザーのブラケット部を使用しワンオフステー製作後取り付けることに


18インチホイールですとなかなかタイトですがさらにその上可能ならばケイファクトリー製のフォークガードもと言うことでした


オーリンズフォークのアウターチューブのくわえられるギリギリのところで同時装着としました

イメージ 4






















しかしタイヤとフェンダーのクリアランスはかなり狭くS様に


「ブッ飛ばします?」とお尋ねしたところ


「最近はブッ飛ばさない」とのお返事をいただきましたので、定期的にフェンダーが溶け始めてないか確認いただくことでこの位置とさせて頂きました


この度は誠にありがとうございました


また何かお役に立てることがございましたら遠慮なくご相談ください


次回は2台目に取り組んだのW様のCB1000SFの紹介をさせて頂きます


1日目で300Km以上を走り抜いた我々は2日目の最終目的地を能登島にあるオートキャンプ場に設定し走り始める



今日は昨日に比べて移動距離が短いからね


アニジャ君、今日は面白いとこに立ち寄ろうと思うんだよ


なぎさドライブウェイって知ってるかい



「試験に出る石川県・富山県」で勉強したね



手取川という川が運んできた土砂が沿岸を流れている対馬海流に乗って細かい砂だけ がその海岸にたどり着き堆積して、固くしまった砂浜が出来あがったんだったね、



だから、ここの砂はどれだけ力強く踏みつけても決して形が崩れないから車も走れるんだったね、勉強したね






こうしてなぎさドライブウェイに到着した原付ツーリング倶楽部班



いようし、じゃじゃじゃじゃ、ここはなぎさドライブウェイを何度も走った経験のあるてんちょーが先に行くよう



5・4・3・2・1…


ゴォォォォ!








ぶいぃぃぃん!



ズルッ



ぐしゃっ






なあにやってんだグンヘル!


いきなり転倒かよぉ!


「誰か助けて…バイクの下敷きになった…」


イメージ 1












カッコつけてチョーシ乗ってるからそんなことになるんだろう



すみません…


WSさんにバイクを起こしてもらい、砂地での転倒故全くダメージの無いカブで走行再開

イメージ 7





























イメージ 8





























イメージ 9








































イメージ 10

































イメージ 11






































イメージ 2















この世界的にも珍しい、車両通行が許された立派な道路、ちゃんと車両用の標識もあります



これもすべて、砂浜が固く締まっているからなのですが…本当に波打ち際まで固いのか?









じゃじゃじゃじゃじゃ、僕がね、波打ち際まで行って実験してみるよぅ


イメージ 3











だからチョーシに乗んなって言ってんだよ!



イメージ 4










ヤメロっつてんだよ!そこで転んだらもう助けねーからな!





わだちと若干柔らかい砂地にハンドルを取られながらもなんとかマシンコントロールを続け無事実験終了



出口で目の前を走っていたBMWライダーさんが大きくバランスを崩して…

イメージ 12



















あ~っ!!!




危ういところで立ち直って難を逃れました




ほらアニジャ君見たかい、みんなあーなっちゃうんだって




でも転ばなかっただろ



そのまま惹かれたカエルみたいになってんのはどっかのバカだけなんだよ







カチッ



ペシっ


叩いたか!キミ


遂にキミ…この旅で…


暴力を!



うるさいスズムシ!




この後我々は夜のバーベキューのための食材を買いこみ次なる目的地「のとじま水族館」を目指すのである

イメージ 5






















イメージ 6

























そう、ジンベイザメを見ることを口実にもう一つの大事なミッションを遂行するべく…


燃やすとか


イメージ 1























水没させるとか


イメージ 2
























いいんじゃないかな…  犯人は死刑で…

イメージ 3

今回ご紹介させたいただきますのは県内の「跳んで埼玉」より初めてのご依頼を頂きましたT様


イメージ 2























2004年式のCB1300SFです


イメージ 3























中古でご購入されたそうですが、フルパワー加工にご興味があり


「そうだ!オートショップアオヤマへ行こう!」となったかどうかは分かりませんがご来店を頂きました


イメージ 4






















サブコンは必要の無い年式ですがそれでも決して安価とは言えない作業ですのでご検討いただくということでした



帰り際「そう言えば鍵が1本しかないので作りたいんですけど」とのご相談



「紛失しちゃったんですか?」



「最初から1本しか渡されませんでした」





「Tさん!そのカギを無くしてしまったらフルパワー加工の金額どころでは無くなりますよ!」



「PGM-FIユニットも交換でつ…フルパワー加工の倍くらいの費用が…」



そう言えば昨日ご紹介したI様も納車時に鍵を1つしかもらってないと言うことでスペアーキ―作りましたので同じ作業のご依頼が続くことがあるのはアオヤマあるあるです



そもそも2つは用意してあげましょうよ…



そう言えば、昨日のI様からは「てんちょーさん、CBのシートってどうやって開けるの?」と聞かれました



シートの開け方くらい説明してあげましょうよ…ETC車載器も入ってるんですし…



いろんなバイク屋さんががありますね



まあ、何れにしましてもどちらでご購入頂いたCBでも大歓迎でございますので、その後のメンテナンスやカスタマイズでご相談のあるお客様は是非オートショップアオヤマへご来店くだちゃい


こんな無理難題なカスタマイズまでお受けするてんちょーがお待ちいたしておりますので…

イメージ 1























ほんとうにやるなよ…




やるなよ、やるなよ!って言うのはアレかい?…やれよって言うフリかい?



T様この度はご依頼を頂きまして誠にありがとうございました


またのご依頼をいつでもお待ちいたしております!

↑このページのトップヘ