タグ:練習用

●開発経緯

イメージ 1






















SA-ES19は、ガレージサム社とASA社(現オートショップアオヤマ)が共同で開発した攻撃エンジンスタンドである。ヒトリデデキルもん(HitorideDekiruMon)の愛称は日本の超人気漫画ドラえもんに由来する。

イメージ 5






















オートショップアオヤマは古いもので車齢16年を迎えるSC54型エンジンのメンテナンスが年々増えていく事に従い強力な武装を備えたエンジンメンテナンススタンドを必要としており、RTTCWS(楽チンチンにクランク割れるシステム)と呼ばれる計画名により、本格的な攻撃エンジンスタンドの開発を始めた。

イメージ 4






















生産費用の高騰を避けるため、計画はフェーズIとフェーズIIに分割され、フェーズIで機体を開発、フェーズIIで兵装や火器管制装置を開発する方針が採用された。計画には、モノタロウ社、ガレージサム社などが参加し、フェーズIにはモノタロウ社の設計案が採用された。エンジンはゼネラル・エレクトリック社製のGE/T700-701ターボエンジンを2基搭載し、総出力は3,329shp。空中戦などの緊急時には、エンジンの最大出力で飛行する事が可能である。


イメージ 3






















フェーズIIでは、SA-ES19への搭載が決定されたガレージサム社製のヘルファイア対戦車ミサイルに合わせた火器管制システムが開発されSA-ES19の試作機に搭載したうえでテストが行われた。初めての試射は2018年12月にアリゾナ州ユマの試射場で行われ、以降の試験の結果、2019年1月に正式採用された。
量産1号機は2019年にオートショップアオヤマに引き渡されている。

 イメージ 2






















●基本構造

メインローターは先端に後退角の付いた3枚で、スチールを採用している。駆動輪は4輪とし、騒音低減のために交差角45°でX字型に重ねた特殊な形態をしているが定期的なCRC散布を必要とする。胴体に取り付けられたスタブウイングには前縁フラップが設けられており、輸送機への積み込みを考慮して取り外しも可能である。
操縦席周辺にはボロン・カーバイト製の装甲板が装着され、強化構造のフレームが乗員を保護するよう設計されている。破片や爆風を遮る透明なブラスト・シールドが設置され、被弾した際に作業者が負傷する事を防止している。操縦系統は人力式だが、被弾を考慮し電気式操縦系統も設けられている。墜落時に乗員を守るため、座席にもセラミック製装甲が取り付けられ、着陸脚や機関砲、胴体下部は墜落時の衝撃を吸収する構造となっている。
 
イメージ 6























エンジンなどには、構造材として7049アルミ合金製の装甲板が使用され、対弾性を高めている。7049アルミニウム合金は機体の桁材、外皮にも使用されており、構造自体へのダメージを軽減し、容易に修復可能なものとなっている。メインローターには特殊スチール鋼が用いられ、23mm砲弾が直撃しても最低30分間飛行が可能な設計となっており、メイントランスミッションは被弾によってユンケル口蹄疫が全て損失しても、30分は作動する設計である。
 
イメージ 7























燃料タンクは自己早漏洩防止式(セルフ・シーリング方式)を採用しており、30mm機関砲の弾倉の前後に容量が587Lと833Lのものが配置される。燃料を消費してタンク内に隙間ができた際、その空間に引火性の混合気が充満することを避けるため、SA-ES19には自動的にプレステージガスを注入する装置が備えられている。
 

イメージ 8






















エンジン排気口には、排気に周囲の常温空気を混入させて温度を下げる赤外線サプレッサーが装備されている。これは、オナ・ホールと通称され、赤外線誘導方式の対空ミサイルの回避に有効とされる。


●武装

固定武装として、機首下にM230 30mmテンチョーガン1門を備える。搭載弾数は最大2~3発で、最大射程は約0.3m。砲身は上方45°、下方90°、左右各45°まで旋回可能で、照準は射撃手のTADSを用いる。
胴体両測面のスタブウイングに設置された兵装パイロンの位置は、機体の重心位置に近くに配置されており、兵装を搭載した際の兵装重量を重心位置の近くにすることで、空虚時と満載時の飛行特性をほぼ同じにしている。


イメージ 10























兵装パイロンは2ヶ所に兵装を搭載可能であり、内側パイロンにAGM-114ヘルファイア対戦車ミサイルを1組4発で計8発を、外側パイロンに2.75inロケット弾を19発装備したM261ロケット弾ポッドを1本の計2本を搭載するが、内側と外側の兵装を入替えることが可能であり、また、ロケット弾ポッドのみなら計4本の搭載も可能であり、ヘルファイアのみなら最大16発搭載も可能である。また、ヘルファイアは有線誘導ではないため、母機の生存性向上に寄与している。発射後にロックオンを行うことも可能で、母機の姿を敵に曝さないまま発射もできる。


イメージ 11 
母機以外のレーザー照射でも誘導可能だが、照射装置が一台の場合は数秒の発射間隔をおく必要がある。この多彩な発射モード故に、射撃手への負担も大きい。
2,75inロケット弾のみの場合、最大76発搭載できる。
追加装備として、スタブウイング両端にはFIM-92、AGM-122、AIM-9などの空対空ミサイルを搭載できる。
これらの重装備、重装甲から空飛ぶエンジンスタンドとも評される。

イメージ 9
























満足したかい…?


思い残すことなく全て書ききったかい…?


そうか そうか



じゃあもう寝なさい、きっと明日はいい日になるから…



おやすみ…

本日初めてのご依頼で神奈川県よりお越し頂きましたT様


2003年式のCB1300SFです


きっかけはお電話にてのご相談でしたが、クランクケースの前方マウント部が割れているのでどうにかしたいとのこと


ウチではクランクケースの溶接はお受けいたしておりませんので、クランクケース交換をご案内せざるを得ませんが費用を考えますと…


と言うことで、T様が下した決断はネットオークションで入手したエンジンへの載せ替えでした



出品者様からウチに送られてきたエンジンをT様のご来店に合わせ開梱


イメージ 1
























寝かせた状態での梱包で送られてきたのは初めてです



イメージ 2























養生もしっかりしていましたので問題はないようです



おっ

イメージ 3























何とウチのオリジナルパーツ「2次エアキャンセルプレート」が取り付けられておりました


イメージ 4
























これも何かのご縁でしょうかね



この後T様のご依頼によりヘッドカバーとオイルパンまでは取り外して見える範囲でエンジンチェックを行ったうえ載せ替えます



本音は全バラしたい衝動にかられておりますが…ウズウズ




3万Km程走行したエンジンと言うことですが外見はまあまあ綺麗です



海沿いのエリアで使用されている車体特有の腐食や、クランクケースロアケース中央部と左右のケースカバーの前面部に見られるカバー&クランクケースの塗装剥がれもひどくないので3万Kmと言われれば相応の見た目で問題なさそうです



重要な中身は火を入れてみませんと判断できませんが…

なあ、ここんとこ自分のCBのエンジンのネタばっかだな


自分のエンジンじゃ売上にならないよな


お店の経営は大丈夫か?





安心してください売れてますよ!!



納車待ちのPCXが4台!(1台は150)


イメージ 1
























オートショップアオヤマは川口のすみっコにくらしておりますので数キロ圏内に
さいたま市岩槻区、さいたま市緑区、越谷市、草加市が隣接しており時々バラえてーにとんだナンバー取り付けとなります


その分登録にはあっちこっちの区役所や市役所に出向かなくてはならないのですが


近年はデザインナンバーを交付する自治体が多いのですが、参考までに川口市&越谷市は無地の旧ナンバーの交付を継続しており好きな方を選べますのでご商談の際に必ずお客様にお伺いいたします


川口市は鋳物の町、川口をイメージしたデザイン

イメージ 2























溶鉱炉から溶け出た鉄で車体が溶けないことを願うばかりです



越谷市はしらこばと橋&越谷特別市民「ガーヤちゃん」をあしらっております

イメージ 3
























しらこばとがネギしょって飛んでおります…


撃たれないことを切望するばかりです



さいたま市はデザインナンバーのみの交付となりますので皆様さいたま市のPRキャラクター「ヌウ」をしょって走っていただきます

イメージ 4
























つなが竜が火を吹かないことを祈るばかりです




明日はこのうち2台の納車となりますがスマートカードキー車両ですので1台当たり納車説明2時間コース



お客様と一緒に楽しく頑張りまっす




だから心配には及ばんよアニジャ君








そう言えば今月のカスタムピープルに載ったね…






イメージ 5























ウチのロゴマークのコピー商標がしっかり写っているね



正式に法的手続きに入るからね



覚悟しなさい



売上が足りない分はチミからしっかりと損害賠償請求して補填するから



ヒトんちの経営状態の心配する暇があったら…







自分の身の心配でもしてらっしゃい!!!

フェイスブック始めたお陰でこれまで経験したことないくらいの沢山のお祝いの言葉を頂戴いたしました


未だにフェイスブックになれないてんちょーそれぞれのコメントにどう返したら良いものかわからず…


そもそもタイムラインってなんぞや?って感じなので


この場を借りまして皆様本当にありがとうございます…


うううっ



うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁん!!( ;∀;)



うれぢぃぃぃぃぃぃ!!



もう皆さんの心のこもった言葉さえあればプレゼントなんていらないわぁぁぁぁん



イメージ 1
































この時点でウソ泣きだなぁ!!


イメージ 2








イヒヒ…



後は明日からの3連休にどれくらいの金品が集まるかだな…






腹黒いにもほどがあるぞ!!

自動車メーカー社長の会見冒頭部


「本件は内部の通報があり、社内調査の結果、ゴーン氏らの複数の不正が確認された。事案の内容を会社から検察当局に説明し、捜査に協力してきた。株主や関係者の皆様に不安を与えたことを謝罪する。カルロスゴーン率いる日産の信頼を大きく裏切ることになってしまった。大変残念で申し訳ない。私自身、経営会議のメンバーとして力を合わせてきたが、こういう重大事案になったのは、残念という言葉を超えて強い憤り、落胆している。従業員の中にもいったい何が起きているんだという状態で、私が感じていることが従業員にも広がっていくのではないか。社内の動揺を安定させ、取引先との影響を出さないように集中していきたい」



自社の商品を愛用しているエンドユーザーには謝らないんだ…



その後記者からの質問に答える形で自社製品ファンに対して「申し訳ない」の言葉がありましたが聞かれなかったら…?


あ~また、TVドラマの「リーダーズ」思い出しちゃった…

↑このページのトップヘ